REPOログ
#06

小さい頃からお預かりしていた子が卒園していく姿を見ると感極まってしまいます。<鈴木紀子園長>

グローバルキッズ荏原町保育園

保育士になられたきっかけは?

 もともとは高齢者や障がい者をケアする社会福祉系の仕事の方に興味がありました。保育士になったのは、社会福祉系の勉強や実習を重ねていく中で、「子どもの施設も見てみたい」「乳幼児のお世話をしたい」という気持ちから保育士の資格をとったのがきっかけです。

 

実際に保育士になられて、一番大変な部分はどんなところですか?

保育計画を考えたり、みんなが喜ぶおもちゃをつくったり、いろいろやりたいことがありつつも、時間的余裕がないところです(笑)。あと、私たちの仕事はすべてコミュニケーションで成り立っている、という部分も大変といえば大変ですね。

 

では、この仕事の魅力はどんなところに感じますか?

やはり子どもの成長を近くで見守れる、という部分です。小さい頃からお預かりしていた子が卒園していく姿を見ると感極まってしまいます。保護者の方とはまた感じ方が違うとは思いますが、泣いていたばかりの子が立派に巣立っていく姿を見ると、それまで大変だったことが全部チャラになりますね。

 

保育で大事にしていきたいと思われること、お聞かせください。

ときには待ち、ときには見守りながら一人ひとりの気持ちを汲み取ることです。本人を否定することだけは避けたいと思っています。

 

保育士を目指している方々にメッセージいただけますでしょうか。

 積み重ねていけばいくほどこの仕事の楽しさがわかるようになると思います。大変だなと思うときでも、大変だからこそ続けることで乗り越えられるわけで、あきらめないで頑張って欲しいです。

 

<荏原町保育園>

大井町線・荏原町駅から徒歩1分。賑やかな商店街に面した駅前ビル2F,3Fに構える保育園です。園内は広く、工夫をこらした遊具があちらこちらに備え付けられた廊下は子ども達の恰好の「遊び場」になっています。

  • HOME
  • REPOログ
  • 小さい頃からお預かりしていた子が卒園していく姿を見ると感極まってしまいます。<鈴木紀子園長>