SUTEKIログ
#34

食べる、眠る、トイレに行く。
生活の基本は、きまった先生といつも一緒。

グローバルキッズ神楽坂園

園長自ら参加した会社の海外研修プログラム。

保育先進国でもあるハンガリーで「担当制保育」の光景を目の当たりにし深く感動した体験が、今、こちらの園の特色となって現れています。

遊ぶときはクラスみんなでそれぞれ好きな遊びをしますが、
生活の基本となる、手を洗う、食べる、眠る、トイレに行くなどは、
きまった子どもに、きまった先生がついて援助します。

先生は「お母さんのような目線で一人ひとりの子どもと向き合おう」という気持ちで寄り添います。

ごはんと食べるときもボクの先生と。

園ではいろいろな子がいます。

やんちゃな子もいれば、静かな子もいる。

ひとりひとりの子どもの「育ち」をより「濃く」見つめていくためにも、この「担当制保育」は大きなメリットがあるんです、と園長先生はにこやかかに語っていました。

子ども達も先生を慕い、甘えていて、まさしくここは「もう一つの家庭」ですね。

 

*神楽坂園

JR線飯田橋駅東口 徒歩6分

有楽町線/東西線/南北線飯田橋駅 B1出口 徒歩4分

大江戸線飯田橋駅 C1出口徒歩2分

 

 

  • HOME
  • SUTEKIログ
  • 食べる、眠る、トイレに行く。生活の基本は、きまった先生といつも一緒。