SUTEKIログ
#62

保育士たちが保育園に来ることができない子どもたちへメッセージの配信を開始

グローバルキッズ押上園

新型コロナウイルス感染症との戦いで、皆さん不安やストレスを感じる日々をお過ごしのことと思います。
当社の運営する施設では原則休園となるところも多い中、保育士たちが保育園に来ることができない子どもたちの毎日に少しでも楽しみが増えるよう、ICTシステムによる情報配信を始めています!!

ICT配信を始めた施設の一つである、グローバルキッズ押上園の様子をご紹介します。

グローバルキッズ押上園 施設長 角島雅子
沢山の保護者の方にご協力を頂いていることに感謝し、休んでいる子どもたちの毎日に少しでも楽しみが増えるように。そんな願いを込めて、グローバルキッズ押上園では子どもたちや保護者の方々に、ICTシステム「コドモン」を活用して、楽しんでいただけるコンテンツの配信を始めました。第一弾は5歳児クラスの「お花クイズ」。
配信後、さっそく保護者の皆様より「子どもが喜んでます」との連絡を頂戴しました。
各年齢に合わせた遊びの紹介や離乳食の進め方、親子で作れるおやつのレシピ等々、こんなときだからこそ、いつも以上に丁寧に出来ることを行っていきたいと思います!

保育士から子どもたちへ ICTシステム に掲載したメッセージ
今週から登園児も減り、みんなと会えないのがとっても悲しいです。
お家で過ごす時間も多くなると思うので、ぜひこのクイズをやってみてください。
今月みんなでやりたかった春探しクイズです。わからなかったお花はお家の人に聞いたり、図鑑で調べてみてね。また夏に、みんなで夏野菜を育てたいと思うので、夏に収穫出来る野菜を調べて、何を育てたいか2つ考えてきてね。休み明けにみんなでお花クイズの答え合わせと、さくら組で育てる野菜を話し合いたいと思うので楽しみにしていてください。週に1度、みんなにクイズやお家で楽しめるゲームなど配信したいと思うので保護者の皆さん、一緒に頑張りましょう。


保育士たちは、いつもの製作のように手書きで作成。子どもたちも慣れ親しんだ先生の絵や文字で安心してくれた様子です♪
身体のケアも大切ですが、心のケアも大切です。
大好きな先生たちと会えない日々もみんなで励まし合い、少しでも前向きに過ごしていきたいものです。

  • HOME
  • SUTEKIログ
  • 保育士たちが保育園に来ることができない子どもたちへメッセージの配信を開始