SUTEKIログ
#68

Actの療育ってどんなことをするのかな?~代表・石橋の療育体験より~

グローバルキッズ Act大倉山

児童発達支援事業所「グローバルキッズAct大倉山」より、「療育」の内容をご紹介する便りが届きました。ぜひご覧ください。

-------------------------------------------

こんにちは Act大倉山です。

梅雨を通り越して暑いくらいですね。マスクで更に暑さが倍増ですが、コロナとの共存のしつつ感染予防するため、こまめに水分補給しながら夏を乗り切りたいと思っています。

 

本日は、代表・石橋の「療育」体験の様子をご紹介します。石橋は「発語がゆっくりなお子さま」になり切って参加しています。

「Actの療育ってどんなことをするのかな?」との疑問の参考になりましたら幸いです。

 

■カタカナ・ひらがな マッチング

これは 数字・色・カタカナ・ひらがなをマッチングする遊びです。
お子さまの好きなシールやマジックテープ貼りを通して、数字や色・カタカナ・ひらがなに気が付いたり、興味を持つきっかけになることを目的にしています。

 

■筆記用具の練習(書くこと・線引き)

これは筆記用具を使って書く遊びです。
お子さまの興味があるパトカーなどを通して、描き始めと終わりを意識すること、また手先のコントロールを目的にしています。

 

Actに通う子どもたちは「シール貼り」や「マッチング」が大好きです。好きなことを通して、数字・色・カタカナ・ひらがな等への興味関心を広げていきます。
書く際はラミネート(下敷きのようなつるつるした素材)を使用して、更にマジックを使うことで筆圧が弱くても書けるように工夫しています。
車が好きなお子さまには、パトカーや救急車などをスタートとゴールにして始点と数点の動機付けに工夫しています。

なによりも、お子さまが行った行動を全部受け止めます。
たとえば、青いシールを先生の袖に貼っても、線が曲がっても、「頑張っている姿」「そのお子さまなりの理解や表現」を丸ごと受容することから始めます。
マスクをしていても先生が心から笑顔でほめてくれることが、お子さまにもマジックミラー越しに見ているおうちの方にも伝わって、気が付けばみんな笑顔になります。

それがAct大倉山の療育です。

 

随時、体験・見学を行っています。ご興味のある方はお気軽に電話またはメールにてご連絡ください。

大倉山スタッフ一同お待ちしています!!

--------------------------------

 

「グローバルキッズAct大倉山」にご興味ご質問がございましたら、お気軽に以下までご連絡ください。お待ちしております。

電話番号:045-834-7113

email:act-okurayama@gkids.co.jp

  • HOME
  • SUTEKIログ
  • Actの療育ってどんなことをするのかな?~代表・石橋の療育体験より~