職員インタビュー

ひとつひとつの行事を子ども達とやり遂げたときの達成感、これは本当に言葉では表現できないほどの感動があります。

グローバルキッズ柳沢園

保育士になったきっかけは?

シンプルですが、「人が好き」、「子どもが好き」という自分の気持ちですね。この気持ちがスタートとなって子どもと関わる仕事を目指しました。

最初は幼稚園の先生をしてましたよね?

そうですね。私が資格を取った頃はまだ保育園は「預かるところ」というだけの位置づけで、教育的なアプローチはほとんどなかったんです。自分の中には、小学校に入る前の準備段階として重要な時期にある子どもたちに出来る限りいろんなことをしてあげたい、という気持ちがあったので、最初は幼稚園の先生になりました。

保育士へと転身した理由を教えてください。

主人の海外転勤でブラジルに数年いたのですが、裸足で歩いている子や、いつも汚れている服を着ている子どもたちを目の当たりにし、強い衝撃を受けたのがきっかけです。同じ子どもでも、場所によってこれほどまでに違う環境に置かれるなんて。

「どこにいても、どの子も、子どもは同じ教育を受けられる権利を持つべきだ」と痛切に感じ、帰国後は幼稚園ではなく保育園でやってみようと決めたんです。保育のプロとして子どもに愛情を注ぎいろんな経験をさせてあげたい、そう思いました。

保育で大事にしていることはどんなことでしょう?

水遊びや泥遊びなどを積極的に取り入れ、子どもに「体験」してもらうことを大事にしています。その年齢に応じた遊びがしっかりと継続されていくようカリキュラムもつくっています。また、子どもと接する私たち大人が元気に楽しく「輝く」姿を見せていくことも重要だとも考えていて、お片付けひとつとっても、「ほら!先生こんなに集めちゃった!」と笑顔で楽みながらやっています。こちらが笑顔でいると子供もおのずと楽しくなってきますよね。

この仕事の魅力、はどんなところにお感じになりますか?

ひとつひとつの行事を子どもたちとやり遂げたときの達成感、これは本当に言葉では表現できないほどの感動があります。この達成感を積み重ねながら、子どもたちだけでなく私たち職員も一緒になって育っていく、これがこの仕事の最大の魅力です。

ありがとうございました。

 

この記事をシェア

  • twitter
  • faceboox
  • Line
  • twitter
  • faceboox
  • Line

東京都認可保育所 グローバルキッズ柳沢園

202-0015 東京都西東京市保谷町3-24-25

西武新宿線・西武柳沢駅より徒歩3分。明るく綺麗な建物は周囲の中でも目を引きます。施設の真ん中に園庭がある独特のつくりで、子ども達が遊んでいる姿はどこからでも見守ることが出来ます。泥んこ遊びや水遊びなども積極的に取り入れ、施設内の畑では野菜も育てています。

【みんなおいでよ♪優しさ溢れる柳沢園へ~働きやすさNo.1を目指して~】
小林施設長に聞く、グローバルキッズ柳沢園ってどんなとこ?
Q:どこにありますか?
A:西東京市にあり、西武新宿線「西武柳沢」駅より徒歩2分。黄色の園舎が目を惹きます。
Q:働きやすさとは?
A:休暇の取りやすい環境です。子育て中の職員は我が子や家族との時間を大切にしてもらいたく、また若い職員は自分の為に。これを実現するためには保育内容の共通理解と、一定の保育水準を全員身につけておくことが必要です。
Q:保育で大切にしていることは?
A:まずは注意する必要のない環境作り。大人が行動の見本を見せるよう心掛け、「プラス」の言葉で子どもの自己肯定感を育てていくこと。一人ひとりにたくさんの愛情を注ぎ、愛されていると本児が感じられる保育をすることです。
Q:メッセージはありますか?
A:もって生まれたものもあると思いますが、育てられたように子は育つ。笑顔で穏やかに優しい気持ちで接すれば、自然と人との関わりを大切にしてくれるのかなと。子ども一人ひとりとその背景にあるご家族、そして意見を出しあったり、相手のやり方を尊重したり、助け合ったりできる職員全員に心から感謝です!

あわせて読みたい

明るく優しく、意識、意欲の高い職員が揃っていることが自慢です。

職員インタビュー

明るく優しく、意識、意欲の高い職員が揃っていることが自慢です。

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー②

職員インタビュー

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー②

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー①

職員インタビュー

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー①

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:後編

職員インタビュー

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:後編