施設の活動

通訳サービス「テレビ de 通訳」導入園インタビュー

グローバルキッズ北池袋園

近年、日本で働く外国人の増加に伴い、外国人の子どもが増えています。「多文化共生保育」への注目も高まる中、日本語を母国語としない子どもや保護者とのコミュニケーションが大きな課題となっています。この課題を解決すべく、グローバルキッズではテレビ電話通訳サービス「テレビ de 通訳」を導入。

通訳サービスを活用しているグローバルキッズ北池袋園 0歳児クラスリーダー 大田友美さんに話を聞きました。


どのように活用しているか
大田:今年度0歳児クラス6名のうち2名が外国人の保護者の方です。主に生活面や体調面など、お子さんの状況を話したい時に利用しています。国によって習慣が違いますし、お子さんの状態など細かい部分までお話できるのか、以前は不安が大きかったです。実際にお子さんが園で体調が悪くなり、 保護者の方へ病院の受診を勧めた際、お子さんの状態をご理解いただけるようお伝えすることができませんでした。通訳サービスを活用してお伝えすることで、お子さんの状態をきちんと共有することができ、受診してほしい旨をご理解いただき、すぐに受診していただけました。

初めて利用したときのエピソード
大田:初めて通訳サービスを使った時には感動しました。タブレットでネパール語を選ぶと、ネパール語が話せるオペレーターの方が登場しました。お子さんの話はもちろん、保護者の方の体調などを気遣う内容を通訳してもらいました。また、保護者の方の言葉をオペレーターに日本語に訳してもらい、私たち職員も笑顔になり、みんながほっとした空気に包まれました。


外国人の保護者の方と保育園の距離がぐんと縮まりました
大田:これまでは、日本語に慣れていない保護者の方に対して、細かいお話をする際には、伝わらないかもしれないと不安を感じていましたが、通訳サービス導入後は送迎時に利用する機会が増えました。通訳サービスを活用してコミュニケーションを図ることで、保護者の方との信頼関係も構築できるようになってきています。通訳サービスは、外国人の保護者の方と保育園の距離を縮めるのにひと役買い、本当に伝わったのか不安になる保育士の心理的な負担軽減にもつながっています。

この記事をシェア

  • twitter
  • faceboox
  • Line
  • twitter
  • faceboox
  • Line

東京都認可保育所 グローバルキッズ北池袋園

170-0011 東京都豊島区池袋本町1-26-5

保育士採用強化中!

グローバルキッズなら、いろんな働き方があります!

 



グローバルキッズ北池袋園は、これからの社会を担う子どもたちの未来のために、一人ひとりが安心できる環境の中で、子ども達が主体的に生活し生活習慣を獲得しながら、自分で考え行動できる為の基礎を育む環境を整えています。また子どもにとって一番大切な「あそび」の中で新しい技能や、すでに持っている知識や機能をくり返し使い、友達と関わりながら、身近な環境と自分自身を知り、自分を発達させていくための援助を行っています。

当園では、隣接する公園やプレーパーク、園庭など自然豊かな環境を活かし、五感を使った体験や食育に力を注いでいます。野菜や花の栽培を行ったり、季節ごと旬の食材に触れる機会や幼児ではクッキング(カレー作り、梅干しづくりなど)の機会を多く設けて、子ども達の食への関心、興味を引き出しています。

■乳児は育児担当制保育を行っています。
情緒の安定、発達の連続性を細かく配慮し、身辺の自立に向けて丁寧に関わることを目的として特定の保育者が生活習慣に関わる部分(食事・排泄・着脱)の援助を行います。子ども自身が生活に見通しを持てるよう月齢、保育時間、食欲、睡眠時間などを考慮した上で食事の順番を決めそれがベースになります。遊びは保育者全員で関わり、興味や関心が広がるよう働きかけていきます。

■流れる日課を導入しています。
・乳幼児期に必要な育児や遊びを十分に保障しながら集団生活の中で一人ひとりの発達や行為、行動のテンポを大切にできるように考えられている生活の流れ。

・生理的な生活リズムが確立しやすくなり、自分の生理的欲求を理解しやすくなります。

・無駄な待ち時間が省かれ、遊びの時間が十分に保障されるので、遊びに満足感を得られやすく、様々な行為に集中でき、また成功感を得ることが多くなります。

・常に急がさせたり、他児と比べられたりすることがなく、フラストレーションを感じる場面が少なく、自分自身との比較で成長や発達を感じることができます。

・保育者が丁寧に関われることから、様々な活動の中での約束事を伝えることができ、生活習慣が確実に身に付きやすくなります。


子どもは主体性を持っています。自分らしさを充分発揮して、いきいきと生活できることを保障すること、また自分で自分のことが分かり、しっかり自己主張できること、そして、子どもを取り巻く周囲の大人にありのままを受け入れてもらうことで、自己肯定感を育み、他人を思いやる優しさを育てたいと考えています。 グローバルキッズ北池袋園では様々な体験をしながら、個人として多様な能力を育てると同時に社会性を身に付け、自信を持って小学校に送り出せるようにと願い、日々子どもたちに愛情を注いでいます。

この園のページを見る

あわせて読みたい

~食事~

施設の活動

~食事~

~緑視率~

施設の活動

~緑視率~

~ごっこ遊び~

施設の活動

~ごっこ遊び~

~お米とぎとセミバイキング~

施設の活動

~お米とぎとセミバイキング~