施設の活動

「遊びこむ!」「遊びきる!」

グローバルキッズかきがら園

「コーナー保育」という言葉をご存じですか?

 

コーナー保育とは、保育士が子どもたちに遊びを仕掛けていくのではなく、それぞれが遊ぶ「コーナー」をつくってあげることで、子ども自らが主体的に、集中的に遊びこめる環境づくりをしている保育のことです。

 

ここ、かきがら園ではまさにこの「コーナー保育」を積極的に取り入れています。

 

ラグを敷いてゴロゴロ遊べるコーナー、お洒落ごっこにはもってこいのドレッサーコーナー、みんなが大好きお台所コーナー、などなど。

 子どもたちはそのときの気分で遊びを選び、ひとり黙々と遊ぶこともあればお友達と楽しく盛り上がって夢中になることも、まさに「遊びこむ」「遊びきる」毎日を過ごしています。

 

 

この記事をシェア

  • twitter
  • faceboox
  • Line
  • twitter
  • faceboox
  • Line

東京都認可保育所 グローバルキッズかきがら園

103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1ー16-11 EDGE 日本橋蛎殻町1・2F

保育士採用強化中!

グローバルキッズなら、いろんな働き方があります!



 



グローバルキッズかきがら園は、1歳から就学前までの認可保育園です。一クラスが9名と小人数ですが、一人ひとりに寄り添い関われる事で、長い時間の園生活も、家庭と変わらない場所として、安心、安全に過ごすことができます。

企業理念 「子ども達の未来のために」 。グローバルキッズかきがら園では、三つの方針を職員全員で考え、全職員は、この方針のもと保育を行っています。

1. 子どもの気持ちに寄り添い見守る保育
2. 肯定的な言葉がけを通して子どもの自発性を育てる保育
3. 子ども同士の関わりを大切子ども達にし成長を認めながら見守る保育

この3つの方針は、心を育てる保育。自己肯定感を育む保育、乳幼児期に形成される心の育ちを一番に考えています。保育の手法は、「コーナ保育]ままごとコーナー、電車コーナー、リラックスコーナー、運動コーナー等があり、子どもたちは興味のあるものを自分から進んで遊ぶ事で、集中力が身についたり、自主性や想像力、社会性が身について行きます。子どもたちにとってあそびこそが、学びになるものです。園では遊びを通して、楽しい行事を行っている。沢山の経験から興味、関心が養われるため、意欲的になれる声かけや、勇気付けの言葉でやるきをひきだしながら楽しく行っています。楽しい経験は、次への活力になります。

また、一人ひとりの個性を大切にし、一人の人として尊重している。関わる大人は、否定語は使わず、善悪も丁寧に意味を分かりやすく伝える事で、人を信頼し人の話を聞ける子になります。私たち大人の言動こそが子どもに大きな影響力を与えるので、模倣されても良い大人の姿を見せられる園です。

そんな、グローバルキッズかきがら園には、星のソムリエの資格を持つ職員もおり、子どもたちに楽しい月の話をしたり、ダンスや英語の好きな職員が遊びをとおした学びにつなげています。

保育園の周辺は、老舗のお店や、沢山の公園があり、治安もよくとても住みやすい街です。

グローバルキッズかきがら園は、大人も子どもも心地良い環境の中で過ごすことのできる保育園です。

この園のページを見る

あわせて読みたい

~保育参観~

施設の活動

~保育参観~

~散歩~

施設の活動

~散歩~

~お昼寝の選択~

施設の活動

~お昼寝の選択~

~だいにひろば(土曜開放)~

施設の活動

~だいにひろば(土曜開放)~